ロゴ

あなたのそばの、Appleの専門家

macbookpro Retinaディスプレイ
プロセッサとメモリ
macbookpro
intel corei9プロセッサ
より早い処理速度
マルチタスキング
グラフィックス
キーボード
macbookpro
キーボード説明文
touch ID, touch Bar
オーディオ
ストレージ
バッテリー
securityチップ
securityチップ
securityチップ
thunderbolt3
  1. ディスプレイのサイズは対角線を測ったものです。
  2. 容量を示す単位は1GB=10億バイト、1TB=1兆バイトですが、実際にフォーマットされた容量はそれ以下となります。
  3. 64GBのRAMを装備した2.4GHz 8コアIntel Core i9搭載16インチMacBook Pro試作モデル、 16GBのRAMを装備した3.1GHzクアッドコアIntel Core i7搭載15インチMacBook Pro量産モデルを使用し、 2019年10月にAppleが実施したテスト結果によります。それぞれにAmp Designerプラグインインスタンスを適用した253のトラックで構成したプロジェクトを使用し、 Logic Pro X 10.4.7でテストを実施。CPUが過負荷状態になるまで、再生中に個々のトラックを有効化。 パフォーマンステストは特定のコンピュータシステムを使って実施したもので、MacBook Proのおおよその性能を示しています。
  4. 一世代前のMacBook Proとの比較。
  5. 64GBのRAMを装備した2.4GHz 8コアIntel Core i9搭載16インチMacBook Pro試作モデル、 32GBのRAMを装備した2.4GHz 8コアIntel Core i9搭載16インチMacBook Pro試作モデル、 16GBのRAMを装備した2.3GHz 8コアIntel Core i9搭載16インチMacBook Pro試作モデルを使用し、 2019年10月にAppleが実施したテスト結果によります。リリース前のAdobe Photoshop 2020 21.0.0のテストでは、12.5GBのファイルと回転、 アンシャープマスク、自動カラー補正、拡大・縮小機能を使用。 パフォーマンステストは特定のコンピュータシステムを使って実施したもので、MacBook Proのおおよその性能を示しています。
  6. 8GBのHBM2を実装したRadeon Pro 5600Mグラフィックス、64GBのRAM、8TBのSSDを装備した2.4GHz 8コアIntel Core i9搭載16インチMacBook Pro試作モデル、 4GBのGDDR6を実装したRadeon Pro 5500Mグラフィックス、16GBのRAM、1TBのSSDを装備した2.3GHz 8コアIntel Core i9搭載16インチMacBook Pro量産モデル、 4GBのGDDR5を実装したRadeon Pro 560Xグラフィックス、16GBのRAM、512GBのSSDを装備した2.3GHz 8コアIntel Core i9搭載15インチMacBook Pro量産モデルを使用し、 2020年5月にAppleが実施したテスト結果によります。Cinema 4D S22のテストでは22.2MBのシーンを使用。 パフォーマンステストは特定のコンピュータシステムを使って実施したもので、MacBook Proのおおよその性能を示しています。
  7. 64GBのRAMと4TBのSSDを装備した2.4GHz 8コアIntel Core i9搭載16インチMacBook Pro試作モデルを使用し、 2019年10月にAppleが実施したテスト結果によります。1,024KBのリクエストサイズ、150GBのテストファイル、IO depth=8を使用し、 FIO 3.16でテストを実施。パフォーマンステストは特定のコンピュータシステムを使って実施したもので、MacBook Proのおおよその性能を示しています。
  8. 実際のワット時定格量は99.8Whです。16GBのRAMと1TBのSSDを装備した2.3GHz 8コアIntel Core i9搭載16インチMacBook Pro試作モデルを使用し、 2019年10月にAppleが実施したテスト結果によります。ワイヤレスインターネットテストでは、ディスプレイの明るさを最低輝度から12回クリック、 または75%に設定した状態で、25の一般的なウェブサイトを閲覧し、バッテリー駆動時間を測定しました。Apple TVアプリのムービー再生テストでは、 ディスプレイの明るさを最低輝度から12回クリック、または75%に設定した状態で、HD 1080pコンテンツを再生し、バッテリー駆動時間を測定しました。 スタンバイ時間のテストでは、Safariとメールアプリケーションを起動し、すべてのシステム設定をデフォルトのままにした状態で、 ワイヤレスネットワークに接続してiCloudアカウントにサインインしたシステムのスタンバイモードへの切り替えを許可し、バッテリー駆動時間を測定しました。 バッテリー駆動時間は使用条件と構成によって異なります。詳しくは www.apple.com/jp/batteries をご覧ください。