ロゴ

あなたのそばの、Appleの専門家

Apple Watchの
モデルを比較する

Series 6

applewatch series6

最も進化したApple Watch。 血中酸素濃度センサーとアプリ1、常時表示Retinaディスプレイを搭載。

購入する

SE

applewatch se

Series 6と同じサイズのディスプレイ、転倒検出機能、コンパス、常時計測の高度計を搭載。

購入する

Series 3

applewatch series3

様々なフィットネス、健康、つながるための機能を備えたApple Watchです。

購入する

主な特徴

applewatch series6
applewatch se
applewatch series3

モデルの主な違い

ディスプレイ

applewatch series6
applewatch se
applewatch series3

素材と仕上げ

applewatch series6
applewatch se
applewatch series3

健康

applewatch series6
applewatch se
applewatch series3

安全と緊急時

applewatch series6
applewatch se
applewatch series3

テクノロジー

applewatch series6
applewatch se
applewatch series3

仕様

仕上げ

applewatch series6
applewatch se
applewatch series3

特徴

applewatch series6
applewatch se
applewatch series3

ディスプレイ

applewatch series6
applewatch se
applewatch series3

チップ

applewatch series6
applewatch se
applewatch series3

通信方式

applewatch series6
applewatch se
applewatch series3

電源

applewatch series6
applewatch se
applewatch series3

あなたのスタイルに合った
Apple Watchを見つけてください。

  1. 血中酸素濃度アプリの測定値は、自己診断または医師との相談を含む医療での使用を目的とするものではなく、一般的なフィットネスとウェルネスのみを目的としています。
  2. Apple Watch Series 6、Apple Watch SEおよびApple Watch Series 3にはISO規格22810:2010にもとづく50メートルの耐水性能があります。 これは、プールや海で泳ぐなど、浅水でのアクティビティで使用できることを意味します。 ただし、スキューバダイビング、ウォータースキー、高速水流または低水深を超える潜水を伴うその他のアクティビティには使用しないでください。
  3. Apple Watch Series 6(GPS + Cellularモデル)とApple Watch SE(GPS + Cellularモデル)では、携帯電話通信を使って緊急SOSを利用できます。 携帯電話通信機能を内蔵していないApple Watchで緊急SOSを利用するには、ご利用のiPhoneが近くにある必要があります。
  4. 海外における緊急通報機能を利用するには、Apple Watch Series 6(GPS + Cellularモデル)またはApple Watch SE(GPS + Cellularモデル)が必要です。 この機能を利用できる国と地域の一覧については apple.com/jp/watchos/feature-availability をご覧ください。
  5. ファミリー共有設定でApple Watchを設定した場合、一部の機能は利用できません。 携帯電話通信サービスを利用するには、通信サービスプランへの加入が必要です。 詳しくはサービスプロバイダにお問い合わせください。 対応している通信事業者と利用条件については、 apple.com/jp/watch/cellular をご覧ください。
  6. Apple Payは特定の国と地域で利用できます。 Apple Payを利用できる国と地域の一覧については apple.com/jp/ios/feature-availability/#apple-pay をご覧ください。 Apple Payに対応しているデバイスについては support.apple.com/ja-jp/HT208531 をご覧ください。
  7. 携帯電話通信サービスを利用するには、通信サービスプランへの加入が必要です。 詳しくはサービスプロバイダにお問い合わせください。 国際ローミングには対応していません。 対応している通信事業者と利用条件については、 apple.com/jp/watch/cellular をご覧ください。 詳しい設定手順については、 support.apple.com/ja-jp/HT207578 をご覧ください。
  8. Apple Watchの1日のバッテリー駆動時間のテストは、iPhoneとペアリングしたApple Watch Series 6(GPSモデル)とApple Watch Series 6(GPS + Cellularモデル)の試作ハードウェアを使用し、2020年8月にAppleが実施しました。 すべてのデバイスはリリース前のソフトウェアを使ってテストしました。 バッテリー駆動時間は使用条件、携帯電話通信サービスの範囲、構成、その他の多くの要素によって変わり、実際の結果は異なる場合があります。 詳しくは apple.com/jp/batteries および apple.com/jp/watch/battery.html をご覧ください。
  9. Apple Watchの1日のバッテリー駆動時間のテストは、iPhoneとペアリングしたApple Watch SE(GPSモデル)とApple Watch SE(GPS + Cellularモデル)の試作ハードウェアを使用し、2020年8月にAppleが実施しました。 すべてのデバイスはリリース前のソフトウェアを使ってテストしました。 バッテリー駆動時間は使用条件、携帯電話通信サービスの範囲、構成、その他の多くの要素によって変わり、実際の結果は異なる場合があります。 詳しくは apple.com/jp/batteries および apple.com/jp/watch/battery.html をご覧ください。
  10. Apple Watchの1日のバッテリー駆動時間のテストは、iPhoneとペアリングしたApple Watch Series 3(GPSモデル)の量産ハードウェアを使用し、2018年8月にAppleが実施しました。 すべてのデバイスはリリース前のソフトウェアを使ってテストしました。 バッテリー駆動時間は使用条件、携帯電話通信サービスの範囲、構成、その他の多くの要素によって変わり、実際の結果は異なる場合があります。 詳しくは apple.com/jp/batteries および apple.com/jp/watch/battery.html をご覧ください。

一部のバンドは別売りです。

Apple Watch Series 6、Apple Watch SE、Apple Watch Series 3を利用するには、iOS 14以降を搭載したiPhone 6s以降が必要です。

機能は変更される場合があります。 地域や言語によっては一部の機能、アプリケーション、サービスを利用できない場合があります。 詳しくは apple.com/jp/watchos/feature-availability apple.com/jp/watchos/feature-availability をご覧ください。

Apple Watchと心拍センサーは医療機器ではありません。