ロゴ

あなたのそばの、Appleの専門家

iphone13 pro

すべてがプロ。

ProMotionを採用した
Super Retina XDRディスプレイ。
なめらかで反応の良い使い心地。
とてつもなくパワフルに進化した
カメラシステム。 ドラマチックな新しい
撮影方法。比類のない耐久性。
超高速のA15 Bionicチップ。 そして、
飛躍的に向上したバッテリー駆動時間。
さあ、Proの世界へ。

購入する
iphone13 pro
iphone13 pro デザイン
iphone13 pro Proのカメラシステム
iphone13 pro シネマティックモード
iphone13 pro ディスプレイ
iphone13 pro チップとバッテリー
iphone13 pro 5G
iphoneが好きになる理由
比較する

MagSafeアクセサリ

ケースも、カード入れも、
その両方も。
磁力でピタッと装着。

装着が簡単で、よりすばやくワイヤレス
充電ができるアクセサリの 新しいエコ
システム。組み合わせは数えきれない
ほど。 だからコーディネートが
思いのままです

MagSafeアクセサリを購入する

探し物を見つける
最も簡単な方法。

大切な物にはAirTagを取りつけて、
すぐに見つかるようにしておき
ましょう。「探す」アプリで簡単に
場所がわかります

購入する

AppleCare+

スペシャリストによる
サポートを延長できます。

Apple認定技術者によるサービス

サポートへの優先アクセス

修理と交換に対応

AppleCare+ for iPhoneについてさらに詳しく

◊免責事項

ディスプレイ: ディスプレイは美しい曲線を描くように四隅に丸みを持たせてデザインされており、標準的な長方形に収まります。 標準的な長方形として対角線の長さを測った場合のスクリーンのサイズは5.42インチ(iPhone 13 mini)、6.06インチ(iPhone 13、iPhone 13 Pro)、6.68インチ(iPhone 13 Pro Max)です。 実際の表示領域はこれより小さくなります。

耐水性能: iPhone 13 Pro、iPhone 13 Pro Max、iPhone 13、iPhone 13 miniは防沫性能、耐水性能、防塵性能を備えており、実験室の管理された条件下でのテストにより、IEC規格60529にもとづくIP68等級に適合しています(最大水深6メートルで最大30分間)。 防沫性能、耐水性能、防塵性能は永続的に維持されるものではなく、通常の使用によって耐性が低下する可能性があります。 iPhoneが濡れている場合は充電しないでください。 クリーニングと乾燥の方法についてはユーザガイドをご覧ください。 液体による損傷は保証の対象になりません。

低照度写真撮影: iPhone 13 ProとiPhone 13 Pro Maxの広角カメラを使用した場合、暗い場所での性能が最大2.2倍向上(一世代前のモデルとの比較)。

容量: 実際に利用できる容量は仕様を下回り、多くの要素によって変わります。 標準構成では、モデルと設定に応じて、約11GBから14GBの容量(iOSとあらかじめインストールされたアプリを含む)がすでに使われています。 あらかじめインストールされたアプリは約4GBの容量を使用しており、削除と復元ができます。 ストレージ容量はソフトウェアのバージョンによって変わり、デバイスによって異なる場合があります。

携帯電話/ワイヤレス通信方式: データプランが必要です。 5GとLTEは特定の国の特定の通信事業者で利用できます。 速度は論理上のスループットにもとづくもので、使用する場所の条件および通信事業者によって変わります。 5GおよびLTE対応の詳細については通信事業者にお問い合わせください。 apple.com/jp/iphone/cellular もあわせてご覧ください。

電源とバッテリー: バッテリーに関する各数値はネットワーク構成やその他の多くの要素によって変わり、実際の結果は異なる場合があります。 バッテリーは充電回数に限りがあり、将来的にはApple正規サービスプロバイダによる交換が必要になる場合があります。 バッテリー駆動時間と充電サイクルは使用方法と設定によって異なります。 詳しくは apple.com/jp/batteries および apple.com/jp/iphone/battery.html をご覧ください。

利用できる機能: 国や地域によっては一部の機能を利用できない場合があります。

SharePlay: 2021年内に利用できるようになります。

アクセサリ: アクセサリは別売りです。

AirTag: 「正確な場所を見つける」機能は、iPhone 11以降(第2世代のiPhone SEを除く)に対応します。